11月テスト対策無料体験と授業時間・月謝変更のお知らせ

11月テスト対策無料体験と授業時間・月謝変更のお知らせ

 

毎年のことなんですが、夏休みが終了してから日々が過ぎていくのがとっても早いです。今日は10月4日の日曜日です。塾に通ってきている子たちの中で一番早い時期に定期テストがある中学校は、南下浦中学校で、明後日の6日(火)からテストが始まります。現在、テスト対策の勉強を毎日やっていますが、みんな頑張って取り組んでくれています。ちょっと疲れ気味なのが心配ですが・・・

 

今回は、2つありまして、今回のテストが終了すると11月の上旬から中旬にかけてまたまた定期テストが実施されます。それに伴って、無料の定期テスト対策を実施します、ということと、週に2回の通塾を3回にしたいということです。

 

 

 

11月定期テスト対策無料体験のご案内

今回のテスト対策の授業も前回と同じように、全員、無料で行います。鈴木は、みんなに毎日でも塾に来て欲しんですが、部活なども兼ね合いもあるので、保護者の方や子供たちと相談しながら『なるべく多く』来てもらうようにしています。

 

塾に来る日程は、普段、塾に来ている曜日と時間が基本になります。その基本の時間の前後に勉強時間を入れたり、基本の曜日以外のところで来てもらったりしています。テスト対策の授業時間の予定ですが、以下を参考になさって下さい。

 

授業時間の予定(1コマ:100分)
月曜日~金曜日
1時限目:18:00~19:40
2時限目:19:50~21:30
土曜日・日曜日
1時限目:16:20~18:00
2時限目:18:10~20:00

 

普段の授業でも同じなんですが、テスト対策では、毎回、子供たちに目標を持たせてその単元をクリアしていくという達成感を持った授業を行っていきます。授業で目標を示して、達成してから帰るっていう達成感を持つことは本当に大切だと思っています。教材は、基本はテストの範囲表と中学校の教科書、ワーク、プリントです。特に、学校のワークとプリントは徹底的にやり直していきます。塾で使用しているテキストは、練習不足を補う目的と宿題などに使っていきます。頑張っていきましょう!

 

 

授業時間(通塾の回数)・月謝変更のお知らせ

塾に通ってきている子たちにの保護者の方たちには、お知らせ致しましたが週の通塾回数(授業時間)と月謝の変更を致します。今月(10月)から実施をしたかったのですが、10月と11月は三浦市で定期テストが実施されるので、10月は11月のテストに向けてテスト対策の授業になりますので、変更は実質、11月の定期テストが終了してからとなります。

 

変更点としましては、今までは『週に2回の通塾』を原則にしていましたが、変更後は『週に3回の通塾』を原則に致します。月謝の変更点は、『週に3回の通塾』でも、値上げはせずに、以前の『週に2回の通塾』と同じ月謝に致します。以下に表に致しましたのでご覧になって下さい。

 

変更前 変更後
通塾回数 通塾回数
週に2回 週に3回
月謝 月謝
中学1年生 中学1年生
22,680円 22,680円
中学2・3年生 中学2・3年生
24,840円 24,840円

 

変更をした理由といたしましては、計算問題や単語・熟語などの勉強を進めて行くうえでの基本事項をもっとしっかりと定着させていきたいということからです。子供たちの中には、計算問題がしっかりと出来ない、単語や熟語がうろ覚えの場合が多かったり、発音も・・・っていう子もいます。今までは補習に来てもらって、その中で取り組んでいたんですが、やはり補習ということで上手く身に入らなかったりすることがあったので、通塾が週に2回だったのを思い切って『週3回の通塾』として、その内の1回は『勉強を進めていく上での基礎の勉強』の時間にすることに致しました。

 

今までの経験から、計算問題でミスが多い場合は、きちんと途中式から見直して途中式の大切なところを必ず書くようにしていくと間違いの数が激減していくことや、単語や熟語がしっかりと覚えられるようになると文法の問題や今まで見るのも嫌がっていた長文問題も解けるようになっていきます。

 

 

計算問題で、間違いがなくなって全て丸が付いたときや、出来なかった長文問題が出来たときの顔はとってもいい笑顔になってくれます。こちらとしてもとっても励みになります。週に3回となり、塾に来る回数が少し増えてしまいますが、頑張って目標を達成していきましょう!

 

それから、通塾を週に3回とすることで、お迎えなど保護者の方のご負担が増えてしまうかと思いますが、よろしくお願い致します。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください